楽天経済圏の活用方法を知りたい人は必読

楽天証券のロボアドバイザー、楽ラップでついに自動積立が開始!

楽ラップ

こんにちは!かずたくです。

楽天証券の商品でロボアドバイザーにお金を預ければ後は全てロボットが自動で運用してくれるのが素敵な楽ラップ、僕も10月から30万円を預けてスタートしていたのですが同じロボアドバイザーのウェルスナビやTHEOと違って自動積立がないのがデメリットでした。

やはりロボアドバイザーに後はお任せでほったらかし投資をする以上本当に1秒の手間もかけたくないのに、楽ラップは自動積立がないので毎月手動でお金を入れる手続きをする必要があったのが不満だったのですが、そんな楽ラップでついに自動積立サービスが2017年11月12日よりスタートします!

全自動お任せ投資

公式サイトで詳細を確認する





なぜ毎月自動積立をする必要性があるのか

これを読んでいる方の中には、「そんなに手動でお金を入れるのが面倒なら、一気に入れとけばいいじゃん」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、僕は短期的ではなく長期的な資産運用を考えているので分散投資のほうが合っている気がしています。

理由は相場の上げ下げを予測する素敵な能力が僕にはないので、毎月定額で積立をするタイミングを分ければ1回でドンと投資するよりもリスクを抑えることが出来ると思っています。

図のように、こんな感じで考えてくれればと思います。

例えば毎月1万円を投資していると、1月よりも2月のほうが相場が下がった時、同じ1万円でも2月のほうが1月よりも多く買えるのがわかりますでしょうか。

これをする事で高値の時は少ししか買わず、安値の時にはたくさん買えるので長期的に見れば1回で購入するよりも「少額で」「たくさん」の商品を買う事が出来ます。

これをドル・コスト平均法といいます。

注意
あくまでリスクを抑える事が出来る投資方法ではありますが、リスクがなくなるわけではなく資産が100%増えるというわけではありませんので気を付けてください

スポンサーリンク

楽ラップの自動積立の詳細

それでは分散投資の説明をしたところで、今回始まる楽ラップの自動積立の詳細を説明していきますね。

①積立金額

楽ラップの自動積立の最低金額は1万円になります。

これは1万円以上であれば1円単位で設定出来るので、自分にあった積立金額を決めましょう。

ちなみに楽ラップを始めるには最低投資金額は10万円なので間違えないようにしてくださいね。いきなり1万円から始められるわけではありません。

②積立が出来る日は2つ

楽ラップの自動積立をする日は毎月10日か、25日のどちらかを選べます。逆に言えばこの2つしか選べません。休業日の場合は翌営業日になりますので注意ください。

特にこだわりがなければ給料日と連動している25日に設定しておくのがオススメですね。

後、3回連続で残高不足などが原因で積立エラーがでると自動で積立設定が解除になります。もし楽天銀行の口座にある程度お金を入れているのであれば楽天証券と楽天銀行を繋ぐマネーブリッジ自動入出金を設定しておけばこういった心配もないのでオススメです♪

③資金計画にあわせた金額や日付変更も可能

このサービスは自分の生活に合わせて変更できるので嬉しいです。

運用をしている途中で、積立する金額や積立をする日を変更することもできます。
「昇進したから少し金額を増やそう」「ちょっと家計が厳しいので金額を減らそう」といったことができるので、資金計画にあわせながら無理のない範囲で投資を続けることができます。

変更のお申込みは、1契約期間中の変更可能回数(12回)の範囲内で可能です。積立の解除も変更回数にカウントされますが、変更可能回数が0の場合でも積立の解除は可能です。積立を解除しても、楽ラップの運用は継続されます。

※楽天証券様より引用させていただきました。

このように自動積立のサービスは他社と比べても遜色ない内容となっています。

僕はウェルスナビと楽ラップを2017年の10月2日から始めています。最初はウェルスナビのほうが優勢でしたが11月14日時点では楽ラップのほうがプラスになっています。

自動積立サービスも開始したので、これで完全にほったらかし長期投資が楽ラップでも出来るようになったので、これを機に始めてみてませんか?

全自動お任せ投資

公式サイトで詳細を確認する





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA