楽天経済圏の活用方法を知りたい人は必読

iDeCo(イデコ)で元本保証型を選ぶのは得なのか損なのか、運用方法を検証してみた

こんにちわ!かずたくです。

以前「知らないと損をするiDeCo(イデコ)のメリット、デメリットを全部教えます」でiDeCoを詳しく記事にしました。

その時は2018年3月時点でiDeCo加入者が累計で853,723人でしたね。

あれからiDeCo公式サイトで2018年5月時点に更新されていたので確認してみましょう。(参考:iDeCo公式サイト2018年5月時点)

2018年3月 2018年5月
第1号加入者 120,144人 126,006人
第2号加入者 710,381人 762,897人
第3号加入者 23,198人 25,976人
累計 853,723人 914,879人

2ヶ月で約6万人の加入者が増えていますね。

ぶたさん

順調に増えてるねー
そうだね。でも1点、日本人ならではの特徴が出てきているよ

かずたく

日本人の特徴・・それはリスクを極端に嫌う人が多い

これは企業年金連合会の出しているデータを基に作ったiDeCoの資産配分額の円グラフです。

iDeCoの資産配分

少し見難いかもしれませんが、元本保証型が実に全体の64.6%になっています。

元本保証型とは「定期預金」や「保険」といった商品が用意されており、その名の通り拠出した分が保証されるのが特徴です。

ぶたさん

なにそれステキ!元本保証型を選んでおけば安心だね!
そんなに簡単な話でもないよ。元本保証型が絶対良いとは限らないんだ

かずたく

ここではiDeCoを始める際に元本保証型を選択するのは得なのか損なのかを主観的・客観的意見を元に検証していきます。

元本保証型のメリット

iDeCoの元本保証型には「定期預金」「積立年金」「損害傷害保険」などが用意されています。

これは取り扱う金融機関によって様々ですが主にこの3つが主軸となっています。

元本保証型のメリットを感じる部分は次の3つです

  1. 投資信託のように運用時期によってはマイナスになる事が基本的にないので安心
  2. 拠出分を確保しながらiDeCoの節税メリットを受ける事ができる
  3. 万が一銀行や保険会社が破綻してもペイオフや保護機構の対象になり、お金が全額、もしくは全額近く返ってくる

一番のメリットは2.の元本確保しながらiDeCoの節税メリットを受ける事ができるのが強みですね。

特に投資信託を選ぶことに抵抗があるけど節税メリットは欲しいっていう贅沢な貴方にぴったりの商品だと思っています。

スポンサーリンク

元本保証型のデメリット

メリットは確かに存在しますが、反面デメリットも存在します。

私も「知らないと損をするiDeCo(イデコ)のメリット、デメリットを全部教えます」でも解説しているように元本保証型のデメリットはメリットよりも大きいと思っています。

元本保証型のデメリットは次の4つです。

  1. 通常金利は0.001%なので運用益は期待できない
  2. 元本は保証かもしれないが、拠出時に手数料が毎回167円かかるので手数料で実質はマイナス運用
  3. スイッチングを行った際に解約控除額がかかる場合があり、受け取った利息よりも多い事もある
  4. iDeCoの特徴の1つ、運用益の非課税効果が受ける事ができない

このデメリットでも書いたように、積み立て分は減らないかもしれないが金利が0.001%なので拠出時にかかる手数料だけでも利息より高い為、確実に運用益はマイナスになります。

ぶたさん

なにこの落とし穴・・・コワイ

また、実行される可能性は低いですが特別法人税の恐怖も残っているので元本保証型は決して安全ではありません。

しかし、先に説明したようにそれでも日本人は目先のリスクを怖がるので、実際には元本保証型が一番選択されているのが現状です。

元本保証型は良いのか悪いのか、客観的意見を聞いてみた

私の中では100%元本保証型で運用するのは無しなのですが、将来の貯蓄額に影響する内容なのでTwitterで客観的意見を求める為につぶやいてみました。

こんな感じで元本保証型のデメリットを書いたうえで投資信託がおすすめだというツイートをしてみました。

結構メンタル弱いから厳しい意見でぼこぼこにされたらどうしようって思いながら・・・

かずたく

ぶたさん

どこらへんがメンタルよわいの・・・?

結果的に色々な人がコメントをくれました。

他にも色々なコメントをいただきましたが、思った以上に元本保証型自体がダメだという意見は少なかったです。

ただし、ほとんどの人が「元本保証型は悪くないが20代、30代の若いうちは投資信託などで運用しつつ、40代後半や50代になってから元本保証型にスイッチングしていくのが望ましい」という意見でした。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

自分の考えだけではなく、色々な人の意見を踏まえながら元本保証型についてまとめてみます。

元本保証型のデメリットは4つありましたね。

  1. 通常金利は0.001%なので運用益は期待できない
  2. 元本は保証かもしれないが、拠出時に手数料が毎回167円かかるので手数料で実質はマイナス運用
  3. スイッチングを行った際に解約控除額がかかる場合があり、受け取った利息よりも多い事もある
  4. iDeCoの特徴の1つ、運用益の非課税効果が受ける事ができない

iDeCoはその特性上、長期的な運用を考えて仕組化されています。

せっかくの長期運用なので投資信託で複利効果を得ながらお金を増やしていけるのですが、元本保証型だと金利が0.001%しかなく全然増えません。

更に拠出時に毎回取られる手数料を差し引くと結果的にはマイナス運用になってしまいます。

しかし、節税効果が大きいので節税メリットがたくさんでる人は元本保証型でもiDeCoをやる価値は十二分にあります。

また、皆さんの意見を聞いたうえで一番良い運用の仕方を考えてみました。

20代、30代のうちは多少のリスクをとっても長期間の運用を行う事で複利効果を最大限に得る事ができます。

そして50代に差し掛かるあたりから徐々に元本保証型に運用資金の一部、または全部をスイッチングしながら資産を確保していくのが良いのではないかという結論に達しました。

始めるタイミング、現時点の自分の状況などを踏まえて「今の時点で一番自分にとってメリットがある商品」を選んでいけば良いと思います。

色々な人の意見を参考に出した結論は「元本保証型はデメリットを理解したうえで選択するのは問題ない」「一番良いのは若いうちは投資の割合を多くし、ゴールが見えてきた40代後半や50代から債券や元本保証型のようなローリスクの商品に切り替えていくのが望ましい」になりました。

iDeCoはとにかく国が作った最強の節税商品なので、まだ始めていない人は今すぐ検討してみてくださいね。

合わせて読みたい楽天証券はiDeCoに関するサービスや使いやすさが優秀です。

 

詳しく記事にしているので気になる人は参考にしてみてください。

 

関連iDeCo(イデコ)を楽天証券で始める5つのメリット

楽天証券でiDeCoを始めるメリットiDeCo(イデコ)を楽天証券で始める5つのメリットと口座開設のやり方を解説

▼無料で資料請求▼

楽天証券なら一時金方式と年金方式を併用することが可能です

初心者向け投資記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA